こんにちは、高橋です。

内装の仕上げとしてよく使用される化粧板には色々な種類があります。
化粧版とは、板製品にキレイな化粧加工をほどこしたもので
合板や石こうボードをベースに
塗装や樹脂フィルムなどを張り付けた板のことを言います。

ただ単に切り出された板とくらべ見た目・材質が良く
化粧加工次第では

・耐水性
・耐汚染性
・耐熱性
・不燃性

など、板としての役割や効果の幅がぐんと広がります。

今回は、従来の化粧板にはない新たな素材感をもつ
“アイカ”の化粧板をご紹介します。

住宅関連製造販売のアイカ工業は
定番の木目柄や、その時々のインテリアに対応した柄
または伝統的な和柄モチーフなど
幅広いデザインのメラミン化粧板や不燃化粧板を展開していますが
このたび、従来の樹脂系化粧板にはない
2種類のガラス質不燃化粧パネル

「グラールG」と「グラールE」

を発売しました。

 

【グラールG】
ガラスの透明感と深みに、遊び心のあるデザインを組み合わせた不燃パネル。
耐熱仕様で、清掃性にも優れています。

 

【グラールE】
和柄をモチーフとしたメラミン化粧板「京かたがみ」シリーズの意匠を
パール感のあるエナメル仕上げで表現した不燃パネルです。
ホーローパネルだから磁石の使用も可。

 

 

化粧板は、その1枚だけで機能性から見た目までカバーできる
実に用途の多い建材ですが
こんな風にアクセントとしてもお使いいただけます♪

キッチン・洗面・家具・建具など
使用したい場所に合わせた、ぴったりな化粧板を選びたいですね。
皆様のご自宅のインテリアにいかがでしょうか。
空間リフォームのお手伝いはヤマシナがいたします。

 

 

 

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop