築浅のマンションなどでは
建物から道路までの動線はバリアフリー化が当たり前になってきました。
が、築20~30年、またはそれ以上の住宅では
マンションでも戸建でも道路までのアプローチが悪く
出掛ける時に不安を感じるとのご相談がよくあります。

敷地に余裕があれば、緩やかなスロープ(傾斜路)にして
段差自体をなくす方法もとれます。

こちらのお宅の場合は
段差が大きく、踏み面が小さい階段が危険でした。

 

 

階段を一段増やして高さを半分にし

 

 

踏み面を広めにととのえ
両側に手すりを取り付けたことで
安全に外出できる玄関アプローチとなりました。

 

 

 

バリアフリー工事というと
「体が不自由な人」のためのものと囚われがちですが
年齢にかかわらず
誰もが安全・安心に生活できるための工事です。

実際、ご主人のためにつけた手すりだけど
奥様が便利に使っている、というお話もよくききます(笑)

玄関アプローチの改修工事は
規模にもよりますが

・100万円前後
・工期1~2週間程度

が一般的です。

お住まいの自治体で
助成金などが申請できるケースもあるので
ご相談してみてはいかがでしょうか。

玄関アプローチを
安心・安全な空間にリフォーム・・・。

ヤマシナ商事では
建築士や福祉住環境コーディネーター
そして経験豊富なスタッフがご相談を承ります。

 

 

 

 

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop