リフォーム部の田島です。

今回は、条件が通常のご自宅と異なっている場合の
外部塗装工事をご紹介します。

 

目次

  • 線路が近いゆえの問題点
  • 鉄道会社への問合わせ &回答
  • 追加費用
  • まとめ

 

線路が近いゆえの問題点

 

 

写真をご覧になると
線路近くに家が建っていることが
お分かり頂けると思います。

工事をするにあたり問題となったのは

『架線(電気が流れている線)や線路が近い為、足場を掛ける位置が越境してしまう。』

という点でした。

 

鉄道会社への問合わせ &回答

その為、新京成電鉄様にお伺いをしたところ

「現場調査後に必要書類を提出すれば、足場を設置することが可能」

とのご回答を頂きました。

 

追加費用

環境によって金額に差異はありますが
今回のケースでは通常の塗装金額のほか

・防護管設置費用(架線を保護する管)

・列車見張員業務費

が追加費用として掛かってきます。
(防護管設置は一般に禁止されているので、新京成電鉄 様に設置を依頼する形になります。)

 

こうして、さまざまな調査後に無事足場が掛けられました♪

 

今回の様に特殊なケースのご自宅もあると思いますが
「 こんなケースはどうなの? 」
とお悩みを抱えているお客様がいらっしゃいましたら
お気軽にご相談下さい。

 

 

 

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop