こんにちは♪
鎌ヶ谷市のリフォーム会社
ヤマシナ商事の田久保です。

台風シーズンとなりました。
屋根材が飛んだり、雨漏りしたり
住まいの心配は尽きませんよね。

こちらのお客様は
めったに上がらない屋根裏収納の窓が
暴風雨で割れて家が水浸しになったらどうしよう…
と、大変心配されていました。

 

 

離れて住むお嬢さんに手伝ってもらい
窓枠にビニールを貼り画びょうで留めてはみたものの
不安は消えず、どうしたものかとご相談がありました。

窓からの明かりは入らなくても良いということでしたので
ガラスの代わりにアルミパネルを入れるご提案をしました。

窓ガラスは風の強さで割れるのではなく
飛来物で割れてしまいます。
アルミパネルなら
硬いものが飛んできてへこむことはあっても
割れて雨風が吹き込むことはありません。

まず、サッシ枠からガラス窓部分を外し
フレームを分解してガラスを外します。

 

 

ガラスと同じ大きさにアルミパネルをカットし

 

 

ガタついたり雨水が侵入しないよう
ゴムパッキンを取り付けます。

 

 

元のフレームに組み込み
サッシ枠に取り付ければ完成です!

 

 

これで安心できますね♪

今回のように
明るさを必要としない場合はアルミパネル
明るさが必要な場合はポリカーボネート板(アルミパネルよりは少し高価です)
にするのがおススメです。

 

近年「想定以上」「史上最強クラス」と
記録的な豪雨や台風、突風などが多数発生しています。
何事も『これで完璧!』は難しいかもしれませんが
早め早めの行動が何よりも大切。
安心を得られる台風対策リフォームはいかがでしょうか。

防火地域など関係法令での制約もあります。
気になることがありましたら
わたしたちヤマシナ商事へご相談ください。
専門のアドバイザーがあなたのおうちに伺います。

 

 

 

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop