お湯が出ないといったトラブルは、特に冬の寒い季節に起こってしまうととても困ってしまいますよね。給湯器の故障?それとも他に原因があるの?今回は急にお湯が出なくなってしまった時のチェックポイントをご紹介します。

目次

  • 水は出るか
  • ガスコンロの火は着くか
  • 給湯器の電源は入っているか
  • 給湯器のリモコン表示をチェック
  • 給湯器の設定温度を確認
  • 給湯器交換のタイミングは10年程度
  • まとめ

水は出るか

そもそも水が出ない場合は水道側に原因があります。地域で一時的な断水になっていませんか?水道の元栓は開いていますか?水が出ない原因がわからない場合はご利用の地域の水道局や集合住宅の場合は管理人さんなどに問い合わせてみましょう。

ガスコンロの火は着くか

水は出るけどお湯がでない!そんな時はガスコンロの火を着けてみて、ガスの供給の有無を確認しましょう。ガスコンロの火が付かないようであればガスが止まってしまっている可能性が考えられます。ガスメーターの確認やご利用のガス会社への問い合わせを行ってみましょう。

給湯器の電源は入っているか

給湯器の電源が入っていない場合は電源ボタンを押してみましょう。それでも電源が入らない場合、コンセントが抜けている可能性があります。給湯器が設置してる場所へ行き、コンセントが抜けてしまっていないか確認しましょう。コンセントに異常がないにも関わらす給湯器の電源が入らない場合は、給湯器の故障を疑いましょう。

給湯器のリモコン表示をチェック

水も出るしガスも問題ないようであれば、給湯器に原因があることが考えられます。給湯器のリモコン表示に何かエラーや異常が出ていないか確認してみましょう。エラー表示が出ている場合は取扱説明書を確認してみるか、お使いの給湯器メーカーへ問い合わせを行ってみましょう。

給湯器の設定温度を確認

電源も入っているしエラー表示も無い場合、給湯器の温度設定を確認してみてください。温度設定が低くすぎてしまっていると温かいお湯が出ません。設定温度を調節してみましょう。

給湯器交換のタイミングは10年程度

給湯器の寿命は10年程度です。10年前後やそれ以上お使いの給湯器で故障が発生した場合は、修理を依頼しても部品の供給が終了していたり、一時的な修理となり結局数年以内に給湯器の交換が必要となってしまいます。給湯器が故障してしまうと急にお湯が出なくなってしまったり、場合によってはすぐに交換工事ができずに数日お風呂に入れない困った状況となってしまうかもしれません。10年以上お使いの給湯器で調子が悪いなと感じることがあったら、お早目の給湯器交換を検討しましょう。

まとめ

お湯が出ないトラブルは年間を通して多くのお問い合わせがあります。特に寒い時期には、早くトラブルを解決したいために修理や交換の多くの依頼が重なってしまうことも。給湯器の修理や交換には通常、お問い合わせをいただいてから現場へお伺いして機種・原因の特定を行って部品や給湯器本体の発注を行い、それから修理・交換工事といった流れで、どうしても即日の対応が難しい場合が多くあります。「給湯器の調子が悪いな」「お湯の出かたがおかしいな」と感じたら、早めに交換・修理を検討しましょう。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop