こんにちは、リフォーム部の杉岡です。

年末年始でご家族が集まる機会も多かったのではと思います。
我が家も久々に実家に帰り、深々と寒い木造住宅を体感いたしました。
20年以上も経ち、夫婦で少しずつ手入れをしながら維持しているようです。

ご依頼いただいたI様邸は、お子様達が独立され、ご夫婦だけになったお住まい。
さまざまなご要望がありました。
そこで、1階の住スペースを暖かく快適な空間にすべく
間取り変更を含めたプランニングをさせていただきました。

目次

  • 浴室を広くしたい
  • 2か所あるトイレを1か所に
  • ダイニングキッチンを有効活用するには
  • 収納をつくりたい
  • 耐震補強
  • まとめ

 

浴室を広くしたい

浴室は外部に広げず、内部の間取り変更により1坪のユニットバスを設置しました。
(外部に広げると外壁の取り合いがあり、ユニットバスの金額が通常より高くなってしまう場合があります)

 

2ヶ所あるトイレを1ヶ所にしたい

スペース有効活用のため、使わない方のトイレへ洗濯機を移設しました。

 

ダイニングキッチンを有効活用するには

LDKは主要な柱・壁を有効活用し、家事をしながら互いの存在を感じられるよう
また、ご家族が集まったときに食事や会話を楽しめるよう、対面式にしました。

スライディングストッカーは
食器や家電製品がたっぷり収まりスッキリ!ゴミ箱スペースも確保しました。

 

キッチンカウンターは、少し高めにすることで手元を見え難く
調理台側は磁気パネルなので、マグネットを使いはさみなどの小物がサッと取りやすくなりました。

 

収納をつくりたい

階段下スペースには新たに収納を設置。

これで掃除道具などもすっきり収納することができますね♪

 

耐震補強

もともと増築をしていた場所に補強が足りなかったので梁を足したり
既存の掃出し周りには、構造用合板を貼って耐震補強をしました。

 

 

その他
掃出しを電動シャッターにして、毎日の雨戸の開け閉め動作を軽減。
窓は複層ガラスにしたので、エアコンの効きが良く断熱性能もグンとUPしました。

 

まとめ

キッチンをメインとした空間つくりは
お選びいただいた扉やカウンターのアクセントクロスが自然に調和し、素敵に仕上がりました。

before

 

after

 

 

お子さんやお孫さんを招いて、ご主人や奥様の得意料理でおもてなし
3世代で家族のつながりを感じられる、そんな空間になったようです。

これからも、ご家族の居心地よい住まいつくりを
お手伝いしたいと思います。

ヤマシナリフォームでご家族の思いを形にしませんか?

 

 

 

 

 

 

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop