こんにちは、田島です。

日に日に湿度が上がってきまして、梅雨入り前の気候ですね。
「もうこのジメジメをどうにかして~!」
という気持ちです…。
また、雨も続くことになると思いますので、洗濯物の悩みも増えそうですね。

さて、今回は一般にあまり馴染みのない
「防水工事」についてご説明します。

戸建住宅の2階には
下図のようなベランダがあるご自宅がほとんどだと思います。

 

 

 

実は、この場所の防水性能が劣化していくと
室内側への漏水に直結してしまいます。

外壁や屋根の塗装は10年前後でメンテナンスしなければ
ということをご存知のお客様はいらっしゃいますが
ベランダ等の防水も10年前後のメンテナンスが必要ということは
ご存じないお客様が多いです。

夏に多くあるゲリラ豪雨や台風の後に
「室内側に雨染みが…」
となって初めて気づくことも。

 

 

↑このような隙間等から室内側に入り込んでしまい
被害に遭ってしまうこともあります。

これから雨が増えてくる季節になりますので
メンテナンスをされていないお客様がいらっしゃいましたら
一度ご検討されてはいかがでしょうか。

また、もしこれから外壁や屋根の塗装をお考えでしたら
足場代やその他諸経費の節約のためにも
同タイミングでのベランダ防水をお勧めします。

お部屋の壁紙に雨染みが付いてしまわぬよう
快適な空間リフォームをご提案させていただきます。

 

 

 

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop