こんにちは、杉岡です。

今年は例年より災害が多い年と言われており
日本各地で台風や洪水の影響を受けました。

最近では、台風24号の影響が関東にも多くの災害をもたらし
今もなお復旧に時間がかかっている状況です。

ヤマシナでも会員様からのお問い合わせや
ご紹介の案件など多数お問い合わせをいただき
緊急対応をさせて頂きました。


今回の主なお問い合わせ事例をご紹介いたします。

屋根・・・屋根の棟板金が飛ばされた
     瓦屋根やスレート屋根が剥がれた、割れた
     雪止めが外れた、ズレた
     雨樋が外れた

外壁・・・外部から物が飛んできて外壁を痛めた
     外壁が脱落した
     サッシ廻りや壁面雨押え部から雨漏れ


中でも多くの事例が屋根棟板金(屋根の頂上の部分)の脱落でした。

 

 

普段点検できない場所なので、交換時期の判断は難しいですが
外部の塗装などと一緒に点検をされるといいと思います。

点検時のポイントとしては
棟板金や釘浮き釘抜けなど無いかを確認します。

 

釘浮き

 

釘抜け

 

下地の木材が腐食している場合、釘が簡単に抜けてしまい
今回のように強風時とんでしまう可能性があります。

また、隙間が必要以上に空いていると、そこから雨が侵入し
雨漏れの原因となる場合があります。

その場合は下地からの交換をお勧めいたします。

ご自宅のセルフチェックとして
新築~10年目の点検、また外部の塗装後~10年、15年程度で
屋根点検を依頼されると安心かと思います。

いま不具合を感じていなくても、定期点検を行なうことで
屋根を長持ちさせ、結果的に費用も抑えられますよ。

 

 

 

 

 

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop