こんにちは、田久保です。
私を含め、40歳以上のみなさんは介護保険料を支払っていますね。
これを財源の一部と入して、介護保険の様々なサービスが提供されます。

介護保険のサービスのうち
ヤマシナ商事が関われる部分としては
「住宅改修」というものがあります。

・手すりの取付
・段差の解消
・滑りにくい床材への変更
・引き戸等への扉の取り替え
・和式便器を洋式便器へ交換

これらの工事は20万円を上限に
1割(2万円)または2割(4万円)の自己負担で工事が可能です。

 

 

意外と思われるかもしれませんが
ユニットバスからユニットバスへの交換工事や
タイル貼りの浴室からユニットバスへリフォーム工事も
介護保険の住宅改修の対象となります。
ユニットバスの中に

・滑りにくい床材への変更
・手すりの取付
・段差の解消

などの項目が含まれるからです。

ユニットバス工事自体は100万円ほどかかりますが
そのうち18万円(または16万円)の助成があるのは大きいですね。

 

 

介護認定を受けていらっしゃる方は、この制度を利用して
この冬「安全で温かいお風呂」を手に入れてはいかがでしょうか。

 

 

 

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop