こんにちは、リフォーム部の杉岡です。

季節柄、風邪やインフルエンザなども流行中ですね。花粉も飛び始めて毎日ストレスフルな方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな季節の訪れとともに気になるのが「菌」ということで、
今回は製品などに表示されている「菌」の意味合いについてお伝えしたいと思います。

「除菌」

まず身近な表示方法としては、よく表示されている「除菌」。
物体や液体といった対象物や、限られた空間に含まれる微生物の数を減らし、清浄度を高めることをいう、とされています。
(細菌にはカビや酵母などの真菌類は含まれない)

「抗菌」

次に「抗菌」とは菌の繁殖を防止するという意味で、必ずしも菌を殺したり減少させるものではない、とされています。
(経済産業省の定義では、抗菌の対象を細菌のみとしています。)

「殺菌」

最後に「殺菌」とはすべての菌(微生物やウィルスなど)を死滅させ除去すること、とされています。
医薬品や医薬部外品で使うことはできますが、洗剤や漂白剤などの雑貨品では使用することができないそうです。

一般的な家庭で使用されるのは、「除菌」「抗菌」関連の物が多いと思います。

 

でも何だかまだわかりづらいといった方には、
抗菌・・・菌を阻止
除菌・・・菌を増やさない
殺菌・・・菌を殺す     ・・・といった具合に覚えてはいかがでしょう。(順序がバラバラになっていましたがこの方が個人的には覚えやすいです)
この様に考えると、それぞれの役割がはっきりしてくるかと思います。

 

皆さんの身近にある洗剤や商品など、表示を確認の上使用してみると
より一層の効果が期待されるのではないでしょうか。

 

ちなみに我が家では、最近食事の前後はアルコール除菌スプレーをする係が増えました。手軽に使えて安心安全で子供のお手伝いには最適です!

IMG_5321

うがい手洗除菌スプレーが日課になってます!

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop