これからの季節、暖かくなってくると室温も上がりますね。夏場になると直射日光が建物に降り注ぎ表面温度が上がり建物内の温度が高まります。特に2Fのお部屋は太陽が当たる屋根の影響を受けやすいのでかなり暑くなってしまいます。そこでオススメなのは遮熱塗装です。

 

 

目次

  • 遮熱塗装とは
  • 遮熱塗装の効果
  • 劣化も軽減
  • まとめ

 

遮熱塗装とは

遮熱塗装で使う塗料は、太陽光を反射させる機能を持っています。
太陽光を効率良く反射させることで、屋根表面や外壁への太陽熱の吸収を防いでくれるので、塗装箇所の表面温度を軽減し温度上昇をおさえる効果があります。
特に以下のようなお宅にオススメします。

・金属屋根や板金外壁
(金属屋根は表面が一番熱くなるので、遮熱塗料が効果を発揮)

・吹き抜けがある
(吹き抜けて屋根裏の仕切りが無いと、屋根の表面温度がダイレクトに室内に入ってしまう)

・2階に居間がある
(家族がよく集まる居間が2階にある場合、窓の開口部が多く日差しが良く当たり暑い場合が多い)

・光熱費の節約をしたい方
(遮熱効果により室内温度を低くさせるので光熱費を節約できる)

 

遮熱塗装の効果

外壁を塗装する際、同時に屋根塗装をされる方も多いと思いますが、その際、遮熱塗料で塗る遮熱塗装にすることで屋根表面温度を最大-20℃低減することができます。これにより、建物内の温度上昇を抑制し冷房の節電効果が見込まれると言われています。もちろん外壁も遮熱塗装するとより効果的です。
ただし、遮熱塗装だけでは全ての暑さ対策が完璧になることではありませんのでご注意ください。
一般的な木造2階建・スレート屋根の場合、体感ではー2~3℃といったところのようです。それでもー2~3℃違えば、だいぶ涼しく感じられますね。

 

劣化も軽減

遮熱塗料に併用して、遮熱機能付き屋根材や遮熱シートを採用することでより遮熱効果を高められます。が、施工の手間や価格から考えると遮熱塗料だけでも効果が期待できますし、比較的手軽にリフォームできます。
また、遮熱塗料は室内温度を下げてるだけでなく、高熱による劣化も軽減してくれるので、強い太陽光から屋根や家を守るために検討してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

ほとんどの遮熱塗料の耐用年数は15~20年です。費用は割高ですが、普及品の塗料と比べて耐用年数を1.5~2倍に伸ばす事が出来ますのでメンテナンスの手間を考えると理想的な塗料です。
暑い夏でも家の中を快適にする空間リフォーム。
塗装をご検討中の方は、ぜひ参考になさってください。

 

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop