2月16日(土)、毎年恒例のヤマシナ寄席を開催しました。

 


前座 三遊亭まん坊

 

円楽一家の三遊亭楽麻呂師匠による寄席は11回目を迎えましたが
今回も安定したおもしろさ!
扇子と手ぬぐいを使いながら身振り手振りで何役も演じ
情景が見えてくるようなお噺にぐいぐい惹きこまれました。

 

さいしょの演目は「四人癖」。
人には無いようで七つは癖があるそうです。

「鼻の下をスリスリ」
「目をゴシゴシ」
「両袖をピュッピュッ」
「ポンッと手を打つ」

それぞれの癖を持つ四人が集まって起きた
面白おかしいできごとのお噺です。

 


三遊亭 楽麻呂

 

この日は落語三席と
日本の大衆芸能、江戸太神楽を披露。

 



江戸太神楽 菊仙

 

傘の上で色々なものを廻す曲芸や
ハラハラするバランス芸など
お客様と一体となり
会場はおおいに盛り上がりました。

 

トリは楽麻呂師匠の「鼠穴」。

 

 

商人として、兄として、弟として
仕事や生き方、家族のことなど色々と考えさせられる深いお噺です。
「鼠穴」は解釈の幅があり、それが噺家によって違うので
素人にもなかなか面白い演目だそうです。

 

まだ参加されたことのない方は
CDやDVDでは味わえない生の落語をぜひ体験してみてくださいね。
次回のヤマシナイベントもお楽しみに~♪

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop