雨が続いた日やジメジメとした季節、おうちのカビ対策は大丈夫でしょうか?カビと言えばお風呂や洗面所などの水まわりに気を取られがちですが、意外と多いのがクローゼットや押入れ内のカビ。そこで今回はクローゼットのカビを防ぐ方法をご紹介します。
クローゼット
目次

  • 扇風機を使って定期的に換気する
  • 扉を開けっ放しにする
  • 除湿剤は上にも下にも
  • 脱いだ上着はすぐに仕舞わない
  • ぎゅうぎゅう詰めにしない
  • クローゼットの扉をルーバー扉にする
  • まとめ

扇風機を使って定期的に換気する

クローゼットの中は空気が溜まってしまいがち。自然と湿気も溜まってしまいます。そこで扇風機やサーキュレーターをクローゼット内に向けて回し、クローゼット内の空気を入れ替えましょう。週末やお天気の良い日に定期的に行うと効果的ですよ。

扉を開けっ放しにする

クローゼットの扉は閉めておくものと思ってしまいがちですが、それがクローゼット内に湿気が溜まってしまう原因になっています。来客の予定がない日や夏のエアコンを使用しているときには、クローゼットの扉を開けっ放しにしておくのがおすすめです。

除湿剤は上にも下にも

クローゼット用の除湿剤はハンガーパイプに下げて使用するハンガータイプと、押入れのように床や棚に置いて使用する据置タイプがあります。ハンガータイプは洋服の間に下げて使用することで除湿だけでなく防虫効果があるものもあり、大切なお洋服を保管するためには是非使用してほしい製品です。また湿気は空気より重く下の方に溜まりがちですので、据置タイプの除湿剤はクローゼット内の床の奥の方に置いて使用すると効果的です。さらにハンガータイプと据置タイプを合わせて使うと除湿効果がUPしますよ。

脱いだ上着はすぐに仕舞わない

一日来ていた上着やジャケットは汗などの水分を多く含んでいるため、脱いですぐにクローゼットへ仕舞ってしまうのはNGです。風通しの良いところでしばらく陰干しし、ジャケットに含まれる水分を飛ばしてから仕舞うようにしましょう。

ぎゅうぎゅう詰めにしない

クローゼット内にぎゅうぎゅうに服や物を詰め込んでいませんか?物を詰め込みすぎると風の通り道が無くなってしまい、湿気が逃げにくくなってカビが生えやすい環境になってしまいます。クローゼット内の収納量は8割を目安にし、要らないものが仕舞いっ放しになっていないか時々整理しましょう。

クローゼットの扉をルーバー扉にする

ルーバー扉はルーバー(羽根板)の隙間を空気が通り抜けるため、空気が溜まりがちなクローゼット内の湿度を程よく換気してくれる優れものです。お部屋のリフォームをされる際には、クローゼットにルーバー扉を採用することも検討してみてくださいね♪

ルーバー扉

まとめ

カビは一度生えてしまうと、きちんと処理をしないと繰り返し発生してしまいます。大切なお洋服を守るために、日ごろからクローゼットの湿気対策を心掛けましょう。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop