こんにちは。工事長の守屋です。

どこのお宅でも意識せず使っているであろう電源タップ。
実は寿命がある、ということをご存じですか。

「電源タップ」とは
壁などのコンセントから
離れた場所にある電気器具まで電気を供給する
配線器具のことで、いわゆる延長コードのことです。

 

 

この電源タップ、何だか永遠に使える気もしますが
日本配線システム工業会のHPにも

「交換の目安は3~5年です。
そのまま使い続けると危険(怪我、火災など)を生じるおそれがあります。」

と書いてあります。

とはいえ、あくまでも交換の目安で
3~5年で必ず交換するものではありません。

交換のタイミングを見る安全点検の6項目がありますので
こちらを参考になさってください。

□電源タップ、コード、電源プラグは熱くなっていませんか?

□コードを動かすと、使用中の器具が点いたり、消えたりしませんか?

□電源プラグの抜き差しがゆるくなっていませんか?

□電源プラグの栓刃の根元が焦げたり、溶けたりしていませんか?

□本体やコードにひび割れ、キズがありませんか?

□電源プラグの栓刃が曲がっていませんか?

ぜひ安全点検を行い、交換の目安としてください。

 

電源タップを使う理由として

・壁のコンセントの数(口数)が足らない
・近くにコンセントがない

などの事情もあると思います。

コンセントの口数を増やす
必要なところにコンセントを増設する

などの工事は簡単な作業で出来ますので
点検、交換の機会に、また、お部屋の模様替えや
新しく家電を購入し新たにコンセントが必要になった際に
検討されてはいかがでしょうか?

リフォーム他、電気のお悩みやご不安なども
わたし達にご相談ください。

 

 

 

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop