こんにちは、田島です。

朝晩はまだ冷えますが日中は段々と暖かくなり
過ごしやすい気候になってきましたね。
ただ、季節の変わり目なので体調にはお気をつけ下さい。

さて、昨年からの冬は暖冬と言われつつもやはり寒かったです。
ご自宅で「寒い!」とお困りの声を頂く上位の場所がお風呂場。

特に下の写真のような在来浴室(タイル張り)です。

 

 

 

窓の隙間から風が吹き込み
本来温まる場所のはずのお風呂が
寒くて億劫になっている方も少なくないと思います。

工事自体はまず解体に約2日掛かります。

 

 

 

また在来浴室を解体した後に多くあるケースとして
木部が腐食している場合があります。

 

 

そういった場合は
腐食部の入れ替えや補強をして対応させて頂きます。
解体後に別途で費用が発生する場合がありますのでご注意下さい。

 

 

解体後に設備工事
床を平らにする為にコンクリートを流し込む工事を経て
ようやく新しいユニットバスを据え付けます。

全体の工期は約1週間です。

 

 

 

最近のユニットバスは
壁パネルに断熱性能が施されておりますが

「私は本当に寒がりだから、もっと暖かくしたい。」

というお客様は
浴室に暖房機をつけたり
窓があるご自宅には
2重サッシをつけて気密性を高めたりと
様々な方法があります。

これから夏に向かって段々と暖かくなっていきますが
今年の冬を見据えて、快適な浴室空間リフォームを
ご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop