こんにちは、田久保です。

ここ数年のうちに分譲されたマンションは
エントランスや共用廊下、室内の水廻りも含めて
すべてバリアフリーが当たり前になっています。

しかし、リフォームのご要望が多い築20年以上のマンションは

・廊下から10センチほど上がって洗面脱衣室
・さらに10センチほど上がって浴室
・廊下から10センチほど下がってリビングや居室
・リビング隣りの和室は畳の厚み分5センチほど床が上がっている

ということが大半です。

この場合、すべての床をバリアフリーにするには
リビングや居室の床を20センチほど上げなければならず
結果的に天井高が低くなりすぎて、現実的ではありません。

 

 

今回のこちらのお宅では
一番通行が多い廊下と居室・LDKの床高を合わせることにより
洗面脱衣室等は段差が残るものの
天井高が低くなり過ぎない
バリアフリー化を図ることができました。

 

 

リビング隣りの和室もひと続きの空間とし
3枚引き戸でシチュエーションにより開閉できるようにしました。

 

 

 

押入れの扉も折れ戸に変更したので洋風の印象になり
大開口となったことでモノの管理がしやすくなりました。

この後、廊下や居室の工事が続き
ますます素敵な空間リフォームになりそうです♪

I様、引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

 

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop