こんにちは。
施工管理チームの守屋です。

3月11日で東日本大震災から8年が経ちました。
大きな地震に伴う災害があるたび
建築基準の見直しがされます。

昨年6月に発生した大阪北部地震では
小学校のブロック塀が倒壊し
女児が犠牲になるという悲しい事故が起きてしまいました。

塀を施工する基準も決められてはいますが
建物と違い、厳しい罰則や
古い塀に関しての明確な罰則もありません。

そのため、危険と思いながらも
傾きかけた塀をそのままにしているところが
多数見受けられます。

昨年の災害以降、国がブロック塀の点検・改修工事を
進める動きが出ています。

それに伴い、民間の所有するブロック塀に関しては
解体・積み直しに対する補助金が出るようになりました。

鎌ヶ谷のヤマシナ会員様からも
ブロック積み直し工事のご依頼をいただきました。

 

庭の樹木に押されて塀が傾いているのがわかりますか?

 

解体して新しい塀を造ります。

 

 

しっかりしたきれいな塀ができあがりました。

 

 

これでこども達が通っても安心ですね。

 

災害時、安全に避難する為にも
皆様のお宅のブロック塀も点検してみてください。

 

 

 

 

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop