冬のお風呂がとにかく寒くて何とかしたい!そんな方へ浴室の寒さ対策をご紹介します。特に冬の浴室では、寒いところから暖かい湯船に浸かることで急激な温度変化が生じ、それが原因でヒートショックを起こしてしまう可能性があります。このヒートショックとは大変危険な現象で、急な血圧の変化によって脳出血や脳溢血、脳貧血などを起こしたり、めまいで浴槽に溺れてしまうといった事故につながってしまいます。このヒートショックを防ぐためにも特に冬の浴室の寒さ対策は万全にしたいですね。
浴室
目次

  • 蓋を開けてお湯を張る
  • お風呂マットを活用する
  • 換気扇を止めて窓を閉める
  • 窓に工夫をする
  • 浴室暖房を活用する
  • まとめ

ふたを開けてお湯を張る

浴槽にお湯をためるときは蓋を閉めずにお湯を張りましょう。こうすることで浴室内に湯気が充満し、浴室全体の温度を上げてくれます。

入浴前に壁や床をシャワーで温める

浴室内の熱は壁や床からどんどん逃げて行ってしまいます。入浴前に壁や床をシャワーなどで充分温めて、熱が逃げるのを防ぎましょう。

お風呂マットを活用する

冬は特に浴室の床がヒヤッとして寒い思いをしてしまいますよね。冷たい床はどんどん体の熱を奪ってしまうので、お風呂マットを敷いて対策をしましょう。ホームセンターなどで数千円程度で売られていますので、冷たい床で寒い思いをしている方は是非購入してみてください。

換気扇を止めて窓を閉める

基本的なことですが、窓があいていたり換気扇を回したままだと外からの冷気が浴室内に入ってきてしまい、いつまでたっても浴室内は寒いままです。入浴前にはしっかりと窓を閉め、換気扇を止めて入浴しましょう。

窓に工夫をする

浴室に窓がある場合、窓からの冷気で浴室内が寒くなってしまいがちです。そこで浴室窓に断熱材を張り付けるなんて方法もあります。梱包材のプチプチをガラス面へ貼ったり、プラスチックダンボールや中空ポリカーボネート板を使って簡易2重窓をDIYしている方もいらっしゃるみたいですよ。どれもホームセンターで購入可能ですので、工作に自信のある方はチャレンジしてみてください。

浴室暖房を活用する

浴室に暖房機能がついている場合、是非活用してください。ただし入浴中に暖房をつけていると、風が体に当たって逆に寒く感じてしまうことがありますので、事前に浴室内温めて、入浴中は暖房を切ってしまいましょう。浴室暖房がついていない浴室でもお使いの浴室に合わせた浴室暖房を設置することができますので、お近くのリフォーム店や工事店に相談してみてくださいね。

まとめ

 自分で出来る工夫から思い切ってリフォームしてしまう方法など、ご予算に合わせた寒さ対策を行ってくださいね。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop