窓掃除は拭きムラや拭き跡、雑巾の繊維などが残ってしまいがちです。
そこで上手くいく窓の掃除方法をお伝えします。
目次

  • 最初に
  • 洗剤
  • 新聞紙
  • まとめ

最初に

窓掃除は晴れた日にしたくなりますが・・・実は曇りの日がベストなのです。
晴れた日は、空気も乾燥していて拭いてもすぐに乾いてしまうので、拭いた跡が残ってしまいがちです。一方曇りの日は乾きにくいのもありますが、窓に付着している汚れが湿気を吸収しており、汚れが落ちやすくなっています。
また、窓掃除は外側から順に行いましょう!汚れのひどい外側から行うことによって内側の掃除の際、汚れが見やすくなります。

洗剤

窓に直接スプレーするのは厳禁です。窓に直接吹きかけると液ダレとなり、スジとなって残ってしまうのでムラの原因となります。
洗剤を使う際は、水で濡らして絞ったタオルにクリーナーをまんべんなくスプレーしましょう。拭くときのコツは汚れを浮かして回収するように拭くことです。
また、洗剤は乾かないうちに拭きとります。乾くと汚れがこびりついてしまうのでやっかいです。窓は一気に掃除するのではなく1枚ずつ仕上げると綺麗に仕上がりますよ。
※先に網戸掃除をするのをおススメします。せっかく綺麗にしても、雨風で汚れがすぐについてしまうからです。

新聞紙

新聞紙のインクが窓ガラスととても相性がいいです。新聞紙のインクによって汚れの油分を分解し、更にワックス効果があってツヤツヤになるのです。更に繊維も付かず、エコになるのでおススメです!新聞紙は折りたたんで使用するのではなく、クシャクシャに丸めて使用します。※クシャクシャに丸めた新聞紙ボールを何個も作っておきましょう。
クシャクシャの新聞紙ボールに少し湿らす程度に水をつけ、ガラス面を拭き、仕上げに乾いている新聞紙で仕上げます。

まとめ

自分に合った簡単な掃除方法で、窓をピカピカにしちゃいましょう!

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop