お部屋の印象を決めるカーテンを選ぶ際、色や柄ばかりに気を取られてはいませんか?実はカーテンレールの位置の違いでもお部屋の印象はガラリと変わります。今回はカーテンレールの取付位置によるお部屋の印象の違いについてご紹介します。
カーテン
目次

  • 窓枠の上5~10㎝に取り付ける
  • 窓枠内に取り付ける
  • 天井付近に取り付ける
  • まとめ

窓枠の上5~10cmに取り付ける

窓枠の上にカーテンレールを取り付ける場合の高さはお好みで良いのですが、一般的には5~10cm位の高さに取り付ける場合が多いようです。この位置に取り付けることでカーテンで窓をすっぽりと覆い、隙間から光や熱が漏れるのを防ぐことができます。また壁の内側の下地がこの位置にあることが多いようですが、自分でカーテンレールを取り付ける場合には下地を探すことができる道具を使ってしっかりと下地の有無を確認しましょう。

窓枠内に取り付ける

窓枠の内側にカーテンレールを取り付ける場合は、どのようなメリット・デメリットが生じるのでしょう。窓枠の外にカーテンレールを取り付けようとしてもエアコンや収納の扉とぶつかってしまうため取付ができない・・・。そのような場合には窓枠の内側にカーテンレールを取り付ける方法もあります。メリットとしてはカーテンが窓枠内に収まるためお部屋がすっきりと見せることができ、狭いお部屋におすすめの方法です。一方デメリットとしては窓枠とカーテンとの間にわずかなできてしまうため、そのすき間から光や熱が漏れやすくなってしまいます。

天井付近に取り付ける

天井やそれに近い場所にカーテンを取り付けることで縦のラインが強調されるため、天井が高くお部屋を広く見せる効果があります。また天井付近から窓を覆うことで光の漏れがほとんどなく、冷暖房の効果もアップすることができます。デメリットとしては大きなカーテンが必要となるため、カーテン代が高くなってしまいます。また近くにエアコンなどがある場合はカーテンとエアコンがぶつかってしまうため取付ができない場合があり注意が必要です。
カーテンレール位置

まとめ

いかがでしたか?カーテンを選ぶ際にはカーテンレールの取付位置も合わせて検討してみてください。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop