ある日気が付くとトイレと床のすき間に水が・・・。よく見るとトイレの便器やタンクも濡れている・・・。これって結露!?そんなトイレの結露にお悩みの方はいらっしゃいませんか?水が冷たい地域(井戸水などの地域)では特に夏場に起こりやすいトイレの結露。この結露を放っておくとトイレの床が腐ってしまったりすることがあるので注意が必要です。
トイレ結露
目次

  • どうして結露が起こるのか
  • 放っておくと大変なことに
  • 換気を十分に行う
  • 防露便器・防露タンクに交換する
  • トイレの床はクッションフロアがおすすめ
  • まとめ

どうして結露が起こるのか

夏場の高い気温とトイレタンク内の冷たい水(特に井戸水などの場合)はその温度差でトイレのタンクや便器、給水の配管などが結露しやすい状況です。また夏の湿度が高い気候も影響しています。

放っておくと大変なことに

トイレの結露を放っておくと、床に滴った水のせいで床がカビてしまったり腐ってしまう原因となります。カビや床の腐りをそのまま放置してしまうと見た目も衛生上も良くありませんし、腐ってしまった床を剥がして張り替えるとなるとそれなりの工事費用が必要になってしまう場合もあります。

換気を十分に行う

トイレの結露を防ぐ為にすぐできる対策は、換気を十分に行うことです。換気扇がある場合は常に回した状態を心掛けましょう。換気扇が無く窓を開けることで換気を行う場合は、開けっ放しだと防犯上よくありません。在宅中などできる範囲で窓を開けて、空気の循環を促しましょう。また、使用していないときはドアを開けておくことも有効です。

防露便器・防露タンクに交換する

防露便器・防露タンクは便器やタンクの内側に断熱の為の空気層を設けてトイレ表面の結露を防ぐようにされたものです。トイレのタンク内には、結露防止のために発砲スチロールが貼り付けられていることが多いのですが、この発泡スチロールは経年劣化で膨張してしまったりしてその役目が十分でない場合があります。古いトイレをお使いで結露にお悩みの方はこの防露便器・防露タンクのトイレへの交換を検討してみてはいかがでしょうか。

トイレの床はクッションフロアがおすすめ

 トイレを交換する際に床の張替えも検討されるようであれば、お手入れが楽なクッションフロアという素材がおすすめです。フローリングなどの木材は水には弱く性質で、結露が発生しやすく常に水に接してしまう状況にはあまり向いていません。その点クッションフロアは水に強くワックスがけなどの特別なお手入れが不要で、色や柄が大変豊富です。タイル風やフローリング風、石目調などさまざまな物からお気に入りのものを探してトイレの雰囲気をガラッと変えるのもいいですね。

まとめ

トイレの結露に気が付いたら、そのまま放置したりせずにこまめな拭き取りと換気で対処しましょう。それでも改善されない場合はトイレの交換をオススメします。また、トイレと床のすき間に水が見られるが便器やタンクに結露が見られない場合は水漏れの可能性が考えられます。そのような場合は早めにお近くの工務店やリフォーム店へ相談をしましょう。

 

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop