近所に空き巣が入ったなんて話を耳にすると、「我が家は大丈夫だろうか・・・」と誰しもが不安になってしまうと思います。空き巣に狙われやすい家とは?空き巣はどのような手口で侵入する?そんな防犯対策についてご紹介します。

ディスクシリンダー

目次

  • 高い塀や生垣を避ける
  • 防犯砂利を敷く
  • 旅行中は郵便物や新聞を止める
  • 照明を付けたまま外出する
  • センサーライトを設置する
  • 窓の防犯対策
  • 玄関の防犯対策
  • 防犯におすすめの玄関ドア「リシェントⅡ」
  • まとめ

 

 

高い塀や生垣を避ける

背の高い塀や生垣は一見飛び越えるのが困難なため防犯には向いているように思えます。しかし空き巣は、わざわざ塀を飛び越えなくても門から簡単に侵入できてしまうためあまり意味がありません。むしろ空き巣が敷地内に侵入していても外からは死角となってしまうため注意が必要です。プライバシーを重視した高すぎる塀などはなるべく避けるようにしましょう。

防犯砂利を敷く

防犯砂利とは、踏むと通常の砂利よりも大きな音が出ることで物音を嫌う空き巣の侵入を防ぐことができる商品です。しかし正しい砂利の敷き方をしないと効果が発揮できません。砂利を敷く前には設置個所の雑草を取り、防草シートを敷しいてその上に防犯砂利を敷きましょう。この作業をしないと、せっかく砂利を敷いても砂利のすき間から雑草が生えてきて砂利を覆ってしまい、砂利の音が鳴りにくくなってしまいます。

旅行中は郵便物や新聞を止める

旅行や出張などで長期間家を空けるときには、留守だと悟られないような工夫が必要です。郵便受けに郵便物や新聞がたまっていると留守中だとすぐにわかってしまい、空き巣に狙われやすくなってしまいます。長期間のお出かけの前には、郵便物は最寄りの郵便局に、新聞はご利用の販売店に配達を停止してもらうよう連絡をしましょう。

照明をつけたまま外出する

あらかじめ帰宅が遅くなるとわかっている場合には、あえて部屋の照明を付けたまま外出するかタイマーなどを使用して夜間に照明やテレビなどが付くように設定し、家に人がいるように思わせると効果的です。

センサーライトを設置する

如何に人目に触れることなく犯行をするかが重要な空き巣にとっては、人の動きを感知してライトアップしてくれるセンサーライトがとても効果的です。コンセント式・電池式・ソーラー式などの種類があり、取り付けたい場所に電源があるかどうかなどをあらかじめ確認してから購入しましょう。また、人の通りが多い場所に取り付ける場合は人が通るたびにセンサーが反応してしまい、実際に空き巣がきた場合にも危機感が薄れていて犯行に気が付かないなどといった可能性もありますので、センサーの検知範囲を調節できるものを選びましょう。

窓の防犯対策

一戸建て住宅の空き巣の侵入経路は、窓からの侵入が多くの割合を締めています。その手口はバールやガスバーナーなどを使って鍵付近に穴をあけて鍵を開け侵入します。しかし侵入行為に5分以上の時間を要する場合はあきらめて帰っていくことが多いようですので、窓ガラスを割れにくくしてくれる防犯フィルムを窓ガラスに貼ることは有効な空き巣対策になります。またサッシに自分で後付けすることができる補助錠も窓からの侵入対策には効果的です。ガラスを割ろうとしたときの振動に反応して警告音が出る商品もあり、こちらも両面テープなどで簡単に取り付けることができます。いづれもホームセンターやインターネットで購入可能ですので、すぐに自分でできる対策としておすすめです。

玄関の防犯対策

戸建住宅の空き巣の多くが、無施錠の窓や玄関からの侵入というデータがあるそうです。当たり前のことですが、外出する時だけではなくゴミ捨てなど短時間離れるだけというときも確実に施錠をしましょう。とくに気を抜いてしまいがちな浴室やトイレ、2階の窓など、まさかと思うところから空き巣は侵入してしまいます。また、ピッキングされてしまいやすいディスクシリンダー(古いタイプの凹凸がありギザギザしている鍵)を使用している方は、早めにピッキングされにくいディスクシリンダー等への交換をオススメします。さらに空き巣はサムターン回しと呼ばれる、ドアポケットなどのすき間から道具を使ってドアの内側のサムターン(鍵のつまみ)を回して開錠してしまう手口で侵入してしまう場合があります。サムターンカバーを取り付けて対策をしましょう。

防犯におすすめの玄関ドア「リシェントⅡ」

LIXILの玄関ドア「リシェントⅡ」は、空き巣に狙われにくいツーロックを標準装備しています。鍵が2カ所あるだけで開錠にかかる時間が2倍になるため、ツーロックドアは空き巣対策に大変有効です。さらにバールなどでのこじ開けにも強い構造で、内側のサムターンはワンタッチでつまみを取り外せる安心仕様。「リシェントⅡ」への交換は壁を壊さず、既存の枠の上に枠ごと取り付けるカバー工法ですので、たったの1日で交換工事が完了してしまいます。

まとめ

空き巣はマンションなどの集合住宅よりも戸建の方が狙われやすいと言われています。その違いは人の出入りの多さで、集合住宅は住む人が多い分人の出入りも多く空き巣には狙われにくい状況です。それにくらべて戸建の場合、プライベートを重視した高い塀や生垣などで外からは中の様子が見えにくく、物陰に隠れて空き巣の犯行がしやすい状況となっていることが多いようです。自分の身を守り家族の安全を守るため、防犯対策はしっかりとしておきたいですね。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

お気軽にお問い合わせ下さい!

「ホームページ見たよ!」とお気軽にお電話またはメールフォームからお問い合わせください!

電話番号
backtotop backtotop